AIと旅するおっさんブログ

AIと共存する世界の先にあるものとは

和歌山県の友ヶ島では、上から来るぞ! 気をつけろ! 

旅に限らず、ずっとやりたかった事を実現するというのは大切な事だと思います。

そしてそれには、人それぞれの価値観があり、他人から見れば「何故そんな事を」

と、思われる内容かもしれません。

 

今回のAI旅は、そんなひとつの夢を叶えた回です。

私は、友ヶ島に行ったら、デスクリムゾンのOPを再現したかったのです。

 

デスクリムゾンとは、エコールソフトウェアが1996年に発売したセガサターン用のゲームです。

ゲーム内容の賛否両論はさておき、このゲームのオープニングはなんと実写でした。

そのロケ地が、和歌山県和歌山市加太にある、友ヶ島です。

 

余談ですが、同じ年に発売されたバイオハザードのオープニングも実写でした。こちらは多摩川河川敷で撮ったそうです。

 

最近では、アニメ化もされた漫画「サマータイムレンダ」のモデルとなったことでも有名です。

 

島内の神秘的な風景が、天空の城ラピュタの世界観を彷彿とさせるということで人気のスポットでもあります。

 

場所はこちら。

紀伊半島と淡路島の間、紀淡海峡の真ん中に位置しており、由良要塞と呼ばれる大阪湾防衛要塞のひとつでした。戦時中は一般人の立ち入りは禁止され、地図からも消されていたそうです。

 

さてAI旅では――

 

AIナビが突然「友達がシマムラで買ったパンツ」という謎ワードをぶっこんでくるところから始まります。

どうやら、友ヶ島が近くにあるよと言いたかったようです。

いや普通に言え、と。

 

それは良いとして、そもそも友ヶ島へはバイクでは渡れません。

 

フルフェイスで船に乗るはめになります。

 

現状AIナビはフルフェイスヘルメットで使用する設計ですが、つい先日アップルビジョンプロが日本でも発売されました。

ヘッドマウントディスプレイをつけて生活する世界、スマートグラスをつけて外出する世界、AIと共に旅をする世界、そんな未来を予感させます。

そうなればもう不審者と思われずにすみます。

 

さて、AIナビの友ヶ島ガイドモードでは、島を散策しながら、なんかよくわからないゲームもできるという欲張りセットを楽しむことができます。

 

島に入って左ルートで進むと最初に見えてくるのが第3砲台跡。

状態が良く、通路内を散策することができます。

内部は暗いので、懐中電灯必須です。が――。

 

ただ、カマドウマ(便所コウロギ)は上から来るぞ! 気をつけろ!

天井にある黒いシミ。シミかと思いきや……。

 

こちらは第3砲台跡に配備されていた、28センチりゅう弾砲をARで再現したものです。

土台が円形になっている理由がよくわかります。たぶん中華料理の回転するテーブルを設置するためではありません。

 

こちらは島の西側、旧海軍聴音所跡。

大阪湾に侵入してくる潜水艦のスクリュー音を24時間体制で監視し、有線式の機雷で迎撃する施設でした。

 

こちらは第2砲台跡。

ここに配備されていた、27センチカノン砲は全国120を超える砲台の中で、わずか10砲台にしか配備されなかった優れものだったそうです。

海側にまわると巨大なコンクリートの砲台跡が残っています。

 

それらは今まさに波と風雨の浸食により、崩壊しつつあります。

戦争遺構とは何なのか。

レジャーのためだけにそこに存在しているのか。

もちろん楽しむことは重要です。

しかし、実際に現地を訪れた私は、たくさんのことを考えさせられました。

考えさせられたのです。眼前に佇むそれは、そういう力を持っていたのです。

旅をして良かった、そう心から思える、友ヶ島はそういう場所でした。

 

 

再現したオープニングと友ヶ島編のトレーラーです。

 

こちらが友ヶ島編・前編。

 

こちらが友ヶ島編・後編です。

 

興味とお時間のある方はご覧いただけると幸いです。

それでは今日も安全運転でいきましょう。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

AIと旅するおっさん

【サイト】http://www.arituka.net/

【X】https://x.com/s_arituka

YouTubeチャンネル】https://t.co/9FuIPdSBQO

ニコニコ動画https://t.co/brMxhxLWPk

 

ロックマンのロックは岩ではない

今回は和歌山県串本町にある国指定名勝天然記念物橋杭岩のお話です。

 

海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えます。

 

AI旅では人工物より自然物をテーマにすることの方が多いです。

自然物はただそこに存在しているだけで、楽しみ方が自由というか想像の余地があるからです。

AR(Augmented Reality・拡張現実)が現実を拡張するなら、AIナビは旅を拡張するナビゲーションシステムなのです。

橋杭岩

期間限定でライトアップされることもあります。闇の中に浮かぶ奇岩は、なんとも神秘的ですね。

 

場所はこちら。周囲には海水浴場もあり、干潮時は弁天島という島まで歩いて渡ることができます。

 

ジオパークについて

その地域の大地のなりたちを知るだけでなく、歴史・文化・動植物・食などを通じて、大地と人の暮らしの関わりを実感して楽しむところです。

つまり、そこにある自然をいろいろなアプローチでそのまま楽しむ、というものです。

 

AI旅ではジオパークをさら発展させたジオゲームが登場します。

GPSの位置情報を利用したモンスターを捕獲するゲームがあります。

そこに実際の地形や気候を反映させたゲームといったところでしょうか。

FFタクティクスではちょっと高い位置が有利だったりします。

 

近くにジオゲームのポイントがあるということで

AIナビが勝手にナビを始めます

それはいつものことです。

 

操作にはイエーリモコンを使います。

Wiiリモコンに響きが似ていますが、ただの家のリモコンです。

注)使用中は家のテレビが操作できなくなります。

 

ちゃんと言って持って来ないと、家でじいちゃんがリモコンを探し続けることになるので注意が必要です。

 

内容はほぼカ〇コンのアレです。

「偶然似る」ということもあるのです。

でも、ロックマンのロックは岩ではありません。

 

今回の旅には特別な意味があって、AI旅における目的のようなものが提示されます。

それは、無数にあるジオゲームをクリアするということです。

あてのない旅から少し進歩した回でした。

 

こちらが本編動画です。

それでは今日も安全運転でいきましょう。

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

AIと旅するおっさん

【サイト】http://www.arituka.net/

【X】https://x.com/s_arituka

YouTubeチャンネル】https://t.co/9FuIPdSBQO

ニコニコ動画https://t.co/brMxhxLWPk

 

 

戸津井鍾乳洞で見つけた2億5千万年前のチョコボール?

夏になると思い出す、戸津井鍾乳洞のお話です。

 

和歌山県日高郡由良町、ここには日本のエーゲ海と呼ばれる白崎海岸があります。

日本の〇〇という呼び方を見ると、イタリアの富士山とかあるんかいっていつも思います。

それはさておき、白崎海岸の石灰岩でできた真っ白な風景は圧巻です。

白崎海岸

L'Arc-en-CielのHYDE(ハイド)さんのミュージックビデオにも使用されている場所です。ハイドさんは和歌山県出身なんですね。

 

 

白崎海岸のすぐ近くに戸津井鍾乳洞はあります。

もちろん関係性があって、戸津井鍾乳洞は石灰洞窟です。

かつてこの付近で石灰岩を採石していて、その頃に鍾乳洞が発見されたそうです。

 

内部は年間を通して15℃を保っており、夏でも涼しいのです。ただ、壁から水が滴っているので、湿度はとても高いです。

 

AI旅で行ったのも暑い夏の日でした。

 

 

さて、AI旅ではヴィータのよくわからないタレコミから始まります。

なんでも「おかしな洞窟がある。その洞窟でチョコボールのようなものを見た」と。

 

調査するため、一行はさっそく現地へと向かいます。

いつものことですが、AIナビが勝手にナビを始めます。


こちらが戸津井鍾乳洞の入口。

そこはかとないバイハザード感がたまりません。

ヴィータがマ〇ンクラフトぽくなってるのはなんかそういうモードらしいです。

洞窟は全長100メートルほどで、それほど規模の大きな鍾乳洞ではありませんが、ところどころ狭い通路があります。

 

洞窟の最深部に行くと、それが何かはよくわからないのですが、それはあります。

いったい、この玉は何なんでしょうか。本当に2億5千万年前のチョコボールなんでしょうか。

 

 

こちらが動画本編です。

興味とお時間のある方はご覧いただけると幸いです。

 

戸津井鍾乳洞の入場料金

戸津井鍾乳洞の入場料金は、大人400円、こども200円です。

営業日は土曜日と日曜日

戸津井鍾乳洞の営業日は、土曜日と日曜日です。

夏休みなどは平日も営業

小学校が夏休みや冬休み、春休みなどに入ったら、平日の営業も行われます。

営業時間は9時から17時

戸津井鍾乳洞の営業時間は、9時から17時です。

入り口近くに無料駐車場完備

戸津井鍾乳洞の駐車場は入り口のすぐ近くにあり、無料で利用できます。

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

AIと旅するおっさん

【サイト】http://www.arituka.net/

YouTubeチャンネル】https://t.co/9FuIPdSBQO

ニコニコ動画https://t.co/brMxhxLWPk

 

 

AI旅グッズ作ってみました


ゆっくり風ヴィータとおっさんのアクリルキーホルダーです。思ったより大きくて存在感がありますね。

 

こちらが動画内に登場する2人。

 

 


www.youtube.com

こちらの動画内で登場します。

 

今回はSUZURIで製作しました。SUZURIはGMOペパボが提供するサービスです

グッズが欲しかったというより、サービスを試してみたかったというところが大きいです。

依頼すると、しばらくして著作権チェックの確認メールが届きました。

SUZURIは個人的制作に限らず、世間一般に販売される前提なので、チェックはしっかりしているのです。

 

今回のデザインは私が描いたもので、元デザインのヴィータはcc0ライセンス(著作権放棄)なので問題はありません。

それは良いとして――

 

誠に恐れ入りますが、こちらのデザインにつきましては
「vita(ヴィータ)」の使用許諾は取られておりますでしょうか。
また、使用許諾書等がございましたらご提示いただけますでしょうか。

 

ヴィータを認知してる?

いやまさか。

 

そりゃまぁ「ヴィータちゃん」とは書かないだろうけど

なんか「描かれているキャラクター」ではなく「Vita(ヴィータ)」と名指しされると、そんな気になってしまいます。

 

そんな感じで、作ってみないとわからない楽しみもありましたというお話でした。

今のところ世界に1個しかないので、見かけたらそれはAIと旅するおっさんです。

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

AIと旅するおっさん

【サイト】http://www.arituka.net/

YouTubeチャンネル】https://t.co/9FuIPdSBQO

ニコニコ動画https://t.co/brMxhxLWPk

 

 

AIと旅するおっさん「AI旅」とは?

 

 

初めまして。ありつかと申します。

【AIと旅するおっさん】は本気で「イグノーベル賞」を目指したいと思っています。

”イグノーベル賞とは1991年にマークによって創設された「人々を笑わせ考えさせた業績」に与えられる賞である。 ノーベル賞に対するパロディー”

一緒にAI旅の世界を楽しみましょう。

【活動内容】
高性能車載型AIナビと旅をするという、モトブログ風バイク走行珍動画(モトコント)を制作し、YouTubeニコニコ動画に投稿しています。

2021年、コロナ禍で緊急事態宣言が発令され、外出を自粛していた際、動画で旅の気分を疑似体験できないかと思い活動を始めました。当時は、撮りためていた素材を切り貼りして制作していました。

 

【世界観】
高性能車載型AIナビ「ヴィータ」は会話を交わしながら様々な情報を収集し、ライダーをサポートする人工知能ナビゲーションシステムです。
まだ、導入したばかりなので、使い方、機能は不明ですが手探りで紐解いていこうと思います。

【テーマ】

AIと共存する世界です。

それは遅かれ早かれ訪れる未来だと思っています。ここではそんなAIと共存する世界において、AIのクセが強かったら…というお話です。

つまり想像の未来の先の想像ということになります(笑)

 

YouTubeチャンネル】https://t.co/9FuIPdSBQO 

ニコニコ動画https://t.co/brMxhxLWPk